4th 04 - 2016 | no comment »

エタラビとラットタットの解約方法について

エタラビとラットタットの解約方法について

全身脱毛で一度申し込みした場合でも、途中で解約することもあるでしょう。その方法は脱毛店によってもそれぞれ異なります。全身脱毛で有名なエタラビとラットタットの両店舗のそれぞれの店舗の手続き方法について見ていきましょう。

エタラビの場合

美肌脱毛コースがある全身脱毛として人気のエタラビの解約方法としては、コールセンターに電話をして意思を伝えます。その後送られてきた書類に必要事項を記入すれば手続き完了です。印鑑(認印)と返金用の口座情報やカード情報があれば十分手続が出来ます。
エタラビはクーリングオフ制度があるので、契約から8日間は対象となります。この期間は手数料や違約金は不要です。クーリングオフ期間を過ぎると中途の扱いになりますので支払済の金額の一部が返金されます。何回か通った後でもやめることはできますが、タイミングによっては返金の面で損をする場合があります。
通常のエステサロンが支払済の金額を回数で割った金額を返金しますが、エタラビの返金計算方法は他と違うため、1回(4施術)全身脱毛した後に行うとほぼ返金金額はありません。

全身脱毛について知っておくべきこと

このことはエタラビの店員さんも申告されていますので、やめる時のタイミングには注意が必要です。脱毛自体が長期間通わなければならないため、途中で引越や結婚などの理由で辞める可能性がある方にはお勧めできません。また、返金は振込に2?3週間かかり、カードへの返金を希望される場合はそれ以上かかることもあります。

参考 エタラビ口コミ

ラットタットの場合

カラフルな店舗でも有名な全身脱毛サロン「ラットタット」の場合ですが、解約方法としては事前に電話で意思を伝えた上で店舗で書類にサインをして手続き完了です。その際に必要な持ち物は、印鑑(認印)と返金用口座です。カードでの返金を希望される方はカード情報が必要となります。また、引越しなどで店舗での手続きが出来ない場合はコールセンターでの手続きも可能です。コールセンターの場合は電話すると郵送してきた書類に記入後返信で手続き完了です。

全身脱毛はとにかく時間がかかる

ラットタットも基本的には契約から8日間はクーリングオフの対象となりますが、それ以降は中途の扱いになり、やめるタイミングも自分でしたいときに出来ます。支払い方法が月額制なので返金はないと思われる方も多いでしょうが、まとめて支払済の方には残りの回数に応じた金額が返金となります。なお、違約金は発生しませんが、手数料として返金額の10%(上限2万円)はかかりますのでご注意ください。なお、エタラビと同様に返金金額の振込には2?3週間かかります。しかし、一般的にはですので、2?3週間かかっても返金がなければ電話で問い合わせすることをお勧めします。


エタラビとラットタットの解約